読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助けてアヒルちゃん~お風呂に出動~製作者ブログ

アヒルちゃんの成長過程が記されたやる気が乏しいブログ

プログラミングコンテスト本選出場決定!

アヒルちゃん活動歴

お久しぶりです、ぽんずです!

最近髪の毛を染めました、真っピンクですほんとにすごいこっちゃw

それは置いておいて

助けてアヒルちゃん!がプロコン本選に出場することができました!!!

いぇーい!!!パチパチパチ

5/13の本選に向けて一昨日神奈川県庁の高齢者福祉社会科にお話を聞きにいきました!

f:id:tasuketeahirutyan:20160414143538j:plain

うわー私の頭の色WWWWひどいWWW

 

県庁のビルの一角の会議室をお借りして、高齢者福祉社会科の彦根様にお話を伺いました。

そこででた問題は

・外装をアヒルだけじゃなく愛着のわく、かわいい別のキャラをつくる
・個人の細かい設定(備考に病歴などをいれる、ブザーの回数、音量の調整(難聴のひとのため))
・個別バスのある施設との提携
親族がいない一人暮らしの人は誰にメールを送信するようにするのか(どこかと連携するのがよい)
・ブザーの音を聞いてて心地の悪い音、嫌な音にする。(高音すぎると周波数が合わなくなる)

 

の5つでした。

システムの会話をするというところをとても高く評価してくださり、認知症の予防にもなると教えていただきました。

行政的には社会的弱者により多くつかってほしい、親族がいなく関わりを持てる人がいない人にも使えるようにしてほしいとのことでした。

私たちには当たり前のように家族がいるけど、高齢者は親族がいない人も多くなるとわかりましたので、そこをどのように改善していくかを大きな課題にしたいと思います!

私的にはこのシステムを使うことによって近所の人との関わりをもつきっかけになればいいなぁと思います!!!

どれだけIT科が進んでもやはり、人との関係は大切にしていかなければいけないと思うからこそ私はこのように思います!

 

今後は上記の問題を解決し、プロコンにだし、試行錯誤を重ね、この作品を世の中に商品として送り出すのが目標です。

少しでも悲しむ人が減るために技術者は日々新しいものを作ることが大切なのではないかと思います。

 

では!また次回まで~~~さよなら~~~(`・ω・´)ノシ